lily train

イラスト 日記 ひとりごと

***

 

かなりお久しぶりです

なのにひとりごと記事ですみません、どこにつぶやこうか迷った挙句、こちらで、、、

 

少なくともお人好しみたいな「こうしたら、周りのあの人たちはどうなっちゃうんだろう、どう感じるんだろう」みたいな優しさがあって でもそれは最終的に自分のための、自分が周りを見て傷つかないための優しさみたいなものでもあって それに縛られているからいま選択することができないんだなと感じた

 

また、大きなきらきらした大切なものがあって でもそれを得るためにこの歳この時間この環境をそれを得るだけのために無心で費やすことは価値としてイーブンなのか?とか考えていて たぶんイーブンじゃない どちらもとても大切だから

二兎を追う者は一兎をも得ず と言うけれど、二兎を追って二兎を得られる人もいる それなら追いたくなるのは当たり前だ 

いまこの貴重な時間をどれだけ犠牲にできるかなんて答えは出ないよ 

 

悩める時間も有限で、生きることは難しいよなあ

 

 

 

 

追記

 

歯車になってしまえば 何も望まず気付かず回り続けてしまえばどんなに楽か それが生きているのかは知らないけれど

 

熱を持った思い出は懐かしさとともに心を羽交い締めにする 戻れない関係性とあの時間とあの記憶に背中を押されれば顔を歪めることもある 記憶って何?