lily train

イラスト 日記 ひとりごと

焦付きを、無心で

 

 

忙しくてなかなか掃除できないでいた台所を見て、

なんだかこのままじゃだめじゃない!?という気持ちがぐーんとこみ上げてきて、

期日の迫っているいろんなことを一旦放っぽって無心で掃除していたら、2時間以上経っていました BGMはやくしまるえつこ相対性理論

 

最近は色んなアーティストをごちゃごちゃと聴いています

 

 

 

台所と水回りだけでこんな時間に……

でも、おかげでなんとなく心がスッキリした気がしました ずうっと気になっていた焦付きをひたすら落としたり、換気扇のシートも交換したり。

 

ピカピカのシンクは最高だし、コンロもつるつる! おかげで野菜を調理することもできました 栄養に不安!

 

 

何かに追われている時って日常を放っぽりがちだけれど、わたしの場合、それらの「できていないこと」がどんな些細なことでも追われているものにさらに付随して、どんどん重みになっている気がした それで、全部に身動きが取れなくなっちゃう

 

今回掃除と簡単な料理をしたことで、それが和らいだ感じがある 自分の生きやすい生活環境って大事だな〜

 

 

 

掃除の後、再び無心で野菜を切りました

キャベツを切りながら東京に思いを巡らせていたら、ここがどこなのか分からなくなった。

 

昨日話したことも、東京に来たから会えた人も、学んだことも、遊んだことも、これまでの生活とか、この記憶はわたしのものなのかな?とか

 

観光名所だったはずの場所はもう生活の一部になっていて、電車の改札も緊張せずに通り抜ける なんだかんだで生きていて、2018年はもう3月を迎えようとしている 薄いピンク色の桜を見るのは次が何回目?

 

 

なんか、不思議だなあ 何がっていうと説明できないし、宇宙に繋がってしまうから言えないけれど 不思議だ 生命の営みにまで考えが行ってしまうのでやめよう

 

 

その後はもっとハッピーな感じの感情とか考えていたのでわくわくしていました

 

 

 

掃除で使ってしまった時間の分、今から取り戻したいなと思ったけれど、さすがに遅いからやめようっと 早起きしてやればいいんだきっと。

最近はさらに夜型になりつつあるので軌道修正が必要です 夜更かしはもう少し先の必要な日のために取っておこうっと

 

 

 

おしまい