読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lily train

イラスト 日記 ひとりごと

俺たちの国芳、わたしたちの国貞 展

diary

 

 

 

引き続き書いています〜

 

 

 

高校1年生以来 ?会っていなかった友人と、

「俺たちの国芳わたしたちの国貞」展に行ってきました

 

 

駅やテレビのCMなどで、気になっていた展示です。

江戸時代の浮世絵作品が展示されています

 

 

 

f:id:lily-train:20160531152756j:plain

 

 

 

浮世絵にそこまでの関心はなかったのですが、今回の展示のPR法が

若者を意識した感じというか、ポップな感じ( 「江戸時代から髑髏( スカル )好き」「江戸時代から手紙( メール )好き」というようなキャッチコピー )で、すごく興味をそそられたので行きたいと思っていて。

 

 

ちょうど二人とも見に行きたかったということで行ってまいりました。

 

場所は渋谷駅から徒歩7分ほどのBunkamuraです

 

 

 

 

展示が始まってから結構経つというのに、お客さんがたくさんいました

 

 

そして、作品数が予想以上に多かったです

後半は少し疲れました笑

 

 

今回の展示を見て、浮世絵のイメージが少し変わりました。

シースルーなうちわが描かれていたり、色がきれいだったり、

金や銀が使われていたりと、すごく繊細な作品も多かったです。

女性の着物や、海の情景になるとそれがさらに目立っていたような

 

 

それと、遠くの人物がデフォルメされていたり、

効果線のようなものが引かれていたり、

物語の文が豪華な枠内に書かれていたり、

 

「漫画の前衛だ〜」と思うような部分があって、おもしろかったです。

 

 

あと、躍動感のある絵もあって驚きました。

浮世絵って、風景とか、役者さんが「よ〜お」ってしてるやつだけじゃないんだな〜

 

 

展示の方法は作品のジャンル( 幽霊、俳優、恋愛など )で分かれていました。

それぞれのスペースの始まる部分に銀色の明朝体

キャッチコピーが書かれていて、おしゃれでした。

 

そして、作品の説明文が、なんというか「ナウでヤング」みたいな雰囲気でした笑。

 

死語っぽいというか、かっこつけというか。。。笑

おもしろかったです。やっぱり今回、若者狙いだったのかな ?と思いました。

 

 

お土産もセンスがとてもいいので !ぜひ覗いてみてほしいです。

ひとことで言うと、むだ書きグッジョブです。

 

 

 

 

f:id:lily-train:20160531152757j:plain

 

 

 

 

お昼は特に決めていなくて、友人の先導の元、

ロクシタンのカフェに行きました。wow〜

 

野菜のキッシュを頼みました。いろんな野菜がごろごろ入っていておいしかった🍅

 

 

キッシュと言ってもパイ生地ではなくて、代わりにベーコンだったかな、それが

入っている感じでした。

 

 

キッシュ、時間があれば家でも作ってみたいな〜

 

 

 

そこからちょろっと散歩して、時間が来てしまったのでさよならしました。

かなり久しぶりなのに、久しぶり感がなかったです💡今年中に、また会いたいな〜

 

 

 

 

 

sayumou.